お盆と仏壇

 お盆の真っ最中ですね。
 先日、『最近は仏壇のない家庭も多くなった』と耳にしました。私の幼い頃にはほとんどの家庭に仏壇がありました。田舎で育った私にとって、家に中に仏壇があることが、あまりにも当たり前すぎて考えてもみませんでしたが、これが時代の変化というものでしょうか。
 ところで、私の田舎でのお盆は、まずお墓にご先祖様を迎えに行くことから始まります。お墓に行ってご先祖様をおぶって家までお連れするのです。
 でもよく考えてみると、おかしくありませんか?だって、お盆の時以外にも仏壇に向かってご先祖様をおまつりしているじゃありませんか。ということは、ご先祖様はいつも仏壇の中にいるのでは?どうしてわざわざ迎えに行かないと行けないのでしょうか?という疑問を実は大人になってから持ってしまったのです。

「お葬式」(碑文谷創著/小学館)によると、
『仏壇は仏教信仰の対象として、本尊を安置するものですが、同時に故人の位牌を祀り、日常的に線香を上げたり、食事を供えたりして、故人の供養をする場となっています。』
とあります。

 仏壇を見てみると、ご本尊が安置されその下に位牌が置かれています。本来は、ご先祖様をまつるのでははく、ご本尊を拝むことが正しいあり方だったのかも知れません。しかし、現在の日本人はご本尊よりを位牌に向かって拝んでいるという状況が、私の疑問の素になってしまったように感じます。
 したがって、お盆にご先祖様をお迎えし、またご先祖様に帰っていただくというのは正しいことなのですね。
(あくまでも私的の考えです。)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック