位牌はいつごろからあるのかを調べました。

位牌は仏教と共に日本に伝わったものではなく、鎌倉室町時代に禅宗と共に中国から伝わったもののようです。中国の儒教が起源の慣習のようです。

儒教では、死後すぐに墓地に葬るのではなく遺体を柩に収め屋敷内に安置しておきます。安置する期間は死者の身分によってことなりますが、その期間を過ぎた後、墓地に葬ります。その後、死者の霊を慰めるお祭り(虞祭/ぐさい)を執り行うのですが、その際の神霊を憑かせる依代として、位牌を用いたということです。

位牌は日本に伝わった当時、皇族や将軍のように身分の高い限られた人のみが使用していました。
足利尊氏や足利義満の葬儀に用いられたとの記録が残っています。

一般的に位牌が普及していくのは江戸時代になってからです。
寺請制度が徹底された時と同じくしています。
亡くなるとお寺から戒名を授かり、戒名が記された位牌を身近におき、故人の冥福を祈り、位牌の前で供養のために手を合わせました。こんなことを書くと身もふたもありませんが、薄っぺら木片にも霊が宿っていることを信じたのですね。位牌の普及にも「葬式仏教」の誕生が見て取れます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック