位牌で故人を祀り、供養する習慣はいつからあるの調べました。

前回も書きましたが、仏教にはもともと死者供養に位牌を用いるというしきたりはありません。位牌は、仏教が中国をとおって日本に伝わってくるルートの中で、儒教の考えが混ざって日本に入ってきたものです。

儒教の「孝」の徳目である先祖供養を実践するための身近な装置となるのが「位牌」ということになります。位牌は戒名以外に俗名、死の年月日、享年などが書かれています。先祖の証を書いた位牌を祀ることで、子孫への「家」の継承と永続への願いが込められているのかもしれませんね。 

"位牌で故人を祀り、供養する習慣はいつからあるの調べました。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント