テーマ:位牌

位牌で故人を祀り、供養する習慣はいつからあるの調べました。

前回も書きましたが、仏教にはもともと死者供養に位牌を用いるというしきたりはありません。位牌は、仏教が中国をとおって日本に伝わってくるルートの中で、儒教の考えが混ざって日本に入ってきたものです。 儒教の「孝」の徳目である先祖供養を実践するための身近な装置となるのが「位牌」ということになります。位牌は戒名以外に俗名、死の年月日、享年な…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

位牌はいつごろからあるのかを調べました。

位牌は仏教と共に日本に伝わったものではなく、鎌倉室町時代に禅宗と共に中国から伝わったもののようです。中国の儒教が起源の慣習のようです。 儒教では、死後すぐに墓地に葬るのではなく遺体を柩に収め屋敷内に安置しておきます。安置する期間は死者の身分によってことなりますが、その期間を過ぎた後、墓地に葬ります。その後、死者の霊を慰めるお祭り(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仏壇と位牌の役割り

仏壇の中にご先祖様のお位牌があり、そのお位牌に向かって手を合わせる。 よくある日常の光景ですね。 私たちはことある毎にご先祖様のお位牌に手を合わせて供養をしたり、または相談や報告をする習慣を持っています。 それでは、日本人の〈先祖を祀る〉という習慣はどこからきているのでしょうか? 「葬儀と日本人」(菊池章太著/ちくま新書)で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more